Character

Character

Tono Japonism

Leviathan (Primal)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 4

FF14で英会話は上達するのか? 第111話

Public
今回もルーレットでクリタワです。あれだけシャキらなかったのに…日本鯖と同じでアイテムレベル調整してる方がいるようですね。順調に進んでいくとアトモス手前で会話が。



ⒶSaikaさん dont start the next one early pls(次は早く始めないで下さい)
ⒶQumynさん Your not my mom(オメーは俺の母ちゃんじゃないし^^)

これは口うるさいお母さんを想像すればいいのかな?wちょっと煽っているような感じもしますが…翻訳もちょっと変えてみましたw



ⒶQumynさん you're(あなたは)
ⒸNayutaさん YOu have a mom?(お母さんがいますか?)
ⒷBeyneさん you're aren't(わからず) ※you are are notだよね?こんな形もあるのか…
ⒶQumynさん wasnt me(わからず) ※was not meだから…むむっ何だ??
ⒷBeyneさん wasnt me too

封鎖の時点で中に5名。外に2名、あとの1名はどこかな?外の人の転送先はⒶになっちゃうのでこのまま5名で戦うことに💦

簡単な単語ばかりでしたが意味がわかりませんでした💦私には(お母さんが)いなかった、とか?



ⒸNayutaさん 4 on pad(4人乗って)
ⒸNayutaさん Blue(青のプレート) ※私達の所ですね💦
ⒸNayutaさん Alliance b(Bアラ!)
Katさん need 2 more on plate(あと2名必要だ)
ⒸNayutaさん Seems like we're wiping boys(やり直したほうがいいように見える)
ⒶSaikaさん pad(パッドに乗って)
Katさん need 4 on each plate(お互いのプレートに4人必要だ)
Beyneさん yh mb,didnt notice we were lacking 2 peeps(うん、悪かった。後半はわからず)

アトモスにガンブレさんと竜さん。台座には私、赤魔さん、学さんでしたが竜さんが戻ってきました。ガンブレさんが戻ってこないのでヒールの為に学さん(Katさん)が台座を降りて向かいます。私もそれに合わせてちょっとだけ攻撃してました。



ⒸNayutaさん Pad(乗って)
ⒸNayutaさん U(youかな?)
ⒶSaikaさん blue pad(青のプレート)
ⒸNayutaさん Brainlets(お馬鹿達) ※スラングのようですね💦
ⒸNayutaさん Welp
ⒶSaikaさん guys
Beyneさん Kat?(学さん?)
ⒶQumynさん B,GO TO PAD(Bは乗って!)
ⒸYayoiさん cant hit our boss sorry guys(ボスに攻撃が当たらないよ)

何度か台座から降りたので催促されてます💦ガンブレさんも敵を釣ってきてくれたらよかったのですが…奥でずっと頑張ってますが、見殺しにしたほうが良かったかもしれません💦



何とか終わりました💦私も学さんと一緒に降りていたので白い目で見られていたかもしれません💦

ⒶSaikaさん this is why i asked not to start early(こうなるから早く始めないでと頼んだのに)
ⒸNayutaさん Kat Stop being a hero(Katさんはヒーローになるのを止めて)
ⒶQumynさん Now you can kill it(今ならあなたはそれを殺せるよ)
Katさん not my fault people went to wrong group(私の失敗ではない、みんなが間違ったグループに行った)
Beyneさん yeah but C wasnt even done with their boss yet(そう、でもCアラはボスを…)
ⒶQumynさん Seriously.Kat like,"im tribute"(真面目に。Katさんは…)
Katさん i see how it makes sense they finish theirs first(わかった。彼らを先に終わらせる…)
Katさん sorry(ごめん)
Beyneさん all g(大丈夫)


肝心な所が難しい!!よくわかりませんが学さんが責められてる?ヒールの為に降りるしかなかったし学さんは悪くないと思いますが…

this is why で「これが~の理由です」askは尋ねるのイメージですが頼むや求めるの意味もあるそうです。トリビュートは何だろう?FFのテーマ曲は…あれはプレリュードかw
Comments (4)

Mii Itio

Hyperion (Primal)

こんにちは

今回は難しいですねぇ〜ww
でもさすがTonoさん、FF経験値豊富です。ナイスな解釈ですね!
こういう会話でmomが入ってくると、だいたいあんまり良くない表現のスラングかなって認識してます。
でも、SaikaさんとQumynさん、知り合いじゃないとしたらだいぶ酷い会話にみえます。
恐くて下手な発言出来ない。💦



Tono Japonism

Leviathan (Primal)

Mii Itioさん

momは仰る通りあまり良くない表現なのかな?と思いました。しかし、ここまでの道中で喧嘩になるような要素もなく、同じアライアンスメンバー同士の発言なので翻訳のような「煽り成分」も入っているけど「笑い成分」もある内容で受け止めましたw

その後の発言は日記の通りよくわからず、そのままアトモスでのバタバタ具合もあり、煽られてイライラの流れなのか…と結局発言の本当の意味がわからないまま終わってしまいました💦

今回の話はお蔵入りしようかな、と思っていましたがネタのストックが切れてしまっているので日記にすることにしました💦まだまだ勉強が足りません💦

今回の話は英語ができる方にとってどう映ったのか…そのうち「それはアウトー!!」な内容を掲載しそうで怖いです💦コメントありがとうございました!

Kestrel Greven

Mandragora (Mana)

こんばんは!
You're aren'tは聞いた事なかったのですがちょっと引っかかったので調べてみました。一応ネットミームではあるようで、意味としては「オマエは”違う”だろ」ってことだと思います、自分なりの解釈としては繋がった文として読むのではなくyou'reとaren'tを個々に読む感じでyou are (オマエは) "aren't" (”違う”だろ)、という意味なのだと思います。ただチャットでyou'reが出てきたから言っただけ、みたいな感じではありますね。

wasn't meは結局早く始まっちゃったみたいで「(始めたのは)俺じゃないよ」って言ってるみたい。

stop being a heroやlike "I'm tribute" 「“俺は最高だ”みたいに思ってんだろ」って結構激しく糾弾された学さんですがi see how it makes sense they finish theirs first「向こう(のアライアンス)を先に終わらせてやった方が理にかなってるって事ね」って冷静に理解しているし、ゴメンって言っているのはすごい大人だなぁって思いました。

Tono Japonism

Leviathan (Primal)

Kestrel Grevenさん

you're aren'tはやはり珍しい言い方だったんですね。使うことがなさそうなので忘れてもよさそうですねw

was not meは「俺じゃないよ」だったんですね!なるほど!母ちゃんの流れでの会話なのかと思ってました💦

私視点では学さんはヒールの為に降りていたし(もしかして攻撃してた?)、戻ってこないガンブレさんのほうに問題があるようにみえました。学さんもガンブレさんのヒールの為だよ、位言ってもいいのではと思いました💦

学さんが降りる→すかさず降りて攻撃をしていたので私も名指しで怒られても仕方ない感じだったのですが…Hey Tono!xxxx!とか言われなくてよかったですw

アトモスの感知は広いのでエリア手前で待っていましたが、たぶん先陣を切ったのは私達のPt(もしかして学さん?)だったと思います💦それが原因だったのかも?コメントありがとうございました!
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying