Character

Character

Salt Kunell

Belias (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 7

呼ばれたら行くスタイル

Public

先日、コウジン族との友好関係が「誓約」となりましてね。これで「おまじない」エモートが貰えるぞ!とほくほく喜んだのですわ。しかし、交換場所に行ってもリストには無く、これは「盟友」まで上げなきゃ無理なのか…としょんぼりした次第です。毎日コツコツ進めれば約10日でランクは上がります。しかしですね、私の場合はそうは問屋が卸しません。本日は、私のこれまたヘンテコなプレイスタイルについてお話させて頂ければと存じます。お時間ございましたら、お付き合い下さいませ。

ここ最近の私は、次のメインクエスト「英雄の帰還」に着手すべく、その前に実装されたであろうサブクエストの数々をこなしております。サブクエを回る順としては、低レベルの物からエリア毎に進めております。+2以上のレベル差があった場合は一旦止め、他エリアのレベルを確認し、低いものがあればそちらから、といったルールに沿っております。そして、もう一つ自分縛りがございましてね。一つ受けたら完了するまでは他のクエストを受けません。同じ敵、同じ方角に行くことも多々あります。効率を考えるならば、複数受けておいた方が楽だと思います。でも、それをしてしまうと、目的が煩雑になってしまいます。それが嫌なこともあり、一つ一つ片づけては報告に戻るといった方法で進めております。

そしてこれは、序盤に少しお話しました私のヘンテコなプレイスタイルの根幹にも当たります。「該当エリアに呼ばれる気がしない時は行かない」です。(笑)

――は?

私は基本ソロでぶらぶら遊ぶので、フレを誘って何処かに行くことは、ほぼほぼありません。突発的にFCLSでのお誘いに便乗させて頂く程度です。ログインした後に「さて、サブクエを進めるかな~」とテレポする際に「ん?」と思ったら行きません。蛮族デイリーに関しても同じで「あ、今日呼ばれてないや」と感じたら行きません。PT募集もちょくちょく見ており、募集内容とエリアを見て「呼ばれた」と感じたら入れさせて頂いておりまして。(笑)

――は?

サブクエ続行中も「今日は沢山物語見たなぁ。これ以上は処理できんな」と判断したら、一つクリアしただけでも打ち止めにします。「一つじゃ、沢山じゃないじゃん!何言ってんの??」と思われそうですね。でも、私自身がこれ以上は情報処理出来ないと思ったら、それはそこで終わりなのですよ。(笑)

――は?
そんな事やってたらさぁ、いつまで経ってもメインクエストなんて進められないんじゃないの?いつまで経っても周りに追い付けないし、話題にもついて行けないし、遊びにだって行けないよ?

デスヨネー。全部ひっくるめて分かってやってるんでいいんですよー。時々、そこら辺の感情がうまく処理仕切れなくて、一人でわぁわぁ吼えてますが。(笑)

――は?
新手の不思議ちゃんでも目指してんの?

別に周りから「こう見られたい」といった自己演出はございません。単に、自分の好きなように進めたいからそのようにしてるだけの話でしてね。まぁ、そう見られるならば「どうぞ」と。但し私の「邪魔スンナ」とは考えております。

日々のルレに対しても同じです。ボーナスロールで行ったり行かなかったり、上げたいジョブがあれば回したりと気ままです。他ジョブも触りたいのですが、PCを変えた結果、ホットバーも全部初期設定になってしまい、再設定するのが面倒くさくて…。(今ココ!)

こんな感じの寄り道し放題の為、中々進めないのですよね。進めてないというか。(笑)

――呼ばれなかった時はどうしてるの?

そんな時は、ハウスの屋根の上で、環境音のみオンにして、ボケーっと過ごしております。PT募集をちらちら見たり、地図を広げて「呼んでるエリア無いかなー」って見たり。そんな風に過ごしております。理解を求めるつもりは毛頭ございません。「そういう人もいるのやね」と思っといて頂けたら、それ以上それ以下もございませんのでね。尚、上記につらつら書いたことは、ちょいちょい「物欲」でひっくり返っております。ご承知おき下さいね。(笑)本日は、そんな私のヘンテコなプレイスタイルのお話にございました。お付き合い頂きまして、ありがとうございました。



**********
サブクエストのレベルを調べがてら、キラバニア周辺に立ち寄った際の事です。メ・ナーゴパパに「青+」マークが!!!これは娘さんとの関係(お得意様)を認めてくれるのかしら?「英雄の帰還」クリアフラグ無くても、私の頑張りを見ててくれたのね!パパ大好き!パパ素敵ッ!!と。抱き着く前に調べた結果、アナンタ族の蛮族クエだったという…。お後がよろしいようで。



Comments (7)

Miriet Hurep

Yojimbo (Gaia)

風が吹くまま、気の向くまま。
それが冒険者のイイところですよね♪

Ruruna Cat

Atomos (Elemental)

イイですね~「呼ばれたら行くスタイル」

FF14に限らず、他ゲームにも呼ばれまくり(?)な私です。
カナシイかな、どうしても遊びに費やせる時間に限りがあるので
取捨選択が悩ましい今日この頃です。

Saltさんを見習って、私も「呼ばれたら行くスタイル」で
楽しんでいきたいと思います!

Salt Kunell

Belias (Mana)

こんにちは!ミリートさん。

私、以前に別ゲームですが、生き急いだ遊び方をしておりましてね。一日のノルマはこれだけ、その分を稼ぐためにはPTを組まなくてはならず。ご一緒した方の火力があまり無くて攻略に時間がかかる(1~2分の差)と苛々したりと。そういう事に疲れ切ってしまって「今」があるのですわ。おそらく反動でしょうね~。

こんにちは!るーさん。

呼ばれない時はインすらしません。(笑)
直前まであれやってこれやってと思っているのに、不思議な感覚です。単純に「眠い」だけとも言えそうですが。(´・ω・)
ほら「呼ばれたら行くスタイル」としておくと、かっこよくないです?www

Ros Caelum

Zeromus (Gaia)

14の環境音は本当に気持ちがよいです。僕も気の向くことだけふらふらやっているので、やる気がないときは好きな曲を家でぼーっと聞いたり、森に環境音聞きに行ってます。

Salt Kunell

Belias (Mana)

こんにちは!ろすさん。

私がまだFCLSにも所属してなかった頃から、よく花蜜桟橋に行っては、ボケーッとしておりました。思えばやってる事って、三年前から変わってなかったって話ですね(笑)
そのうち

「百年はもう来ていたんだな」とこの時始めて気がついた。

と、なりそうな気分でおります。

Kotsubu Kintoki

Belias (Mana)

どうも、「~すべき」とかべきべきいっちゃって苦しくなって放り投げるんですよね。
インしたら即ルレ回すべき、蛮族デイリーはまめにやるべき、メインクエはサブクエもろとも喰らい尽くすべき、とかね。
今呼ばれてるポケモンも「捕獲可能なポケモンはすべからく捕獲すべき」な感じで苦痛になりそうです。
もっと楽にゲームやりたい。。。

そるとさんの爪の垢を売ってください。

Salt Kunell

Belias (Mana)

こんにちは!こつぶさん。

コメントを拝見していて気になったのは「苦痛になって投げ出してしまう」です。こつぶさん、ここでご自分を責めてません?杞憂であれば、スルーして下さいね。
今まで真面目な方ともお話ししてきましが、共通するのは「自分自身を責める傾向」がお有りですね。中途半端で終わらせる自分は出来損ないだとか。「それは考え過ぎ」と言った所で全然伝わらないので、そういうもんなのだなぁと見てますが。(笑)

飽きたり、面白くないなぁ、振り回されてばかりで嫌だな…あるあるじゃん。そりゃ仕事はいかんでしょうが、趣味なら構わないんじゃね?と思います。著しく家族や身近な人に迷惑かけたり、借金してまで課金したりゲーム買う訳でもない。ならば途中で投げ出そうが自由でしょ。そこでこつぶさんの首根っこ捕まえて「なんて堪え性の無い人なの!」なんて、誰が言うの?(笑)
しんどくなったら離れたら良いんですわ。また遊びたくなったら戻ればいい。おそらく離れたいのに、でもでもだってで続けてそう。そして、本当に嫌になっちゃうの。ここら辺の見極めはご自身じゃないとどうにもならんので。何とか足掻いて合う距離見つけて下さい。
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying