Character

Character

Makai White Mage

Turing Hopper

Ramuh (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

左手デバイス(アナログスティック) なければ作ってしまえ!【自作】 その12 作成記事でできた6号機

Public
■はじめに
この記事は、エオルゼア生活を安心して続けたいばかりに、
やや極端な対策に走ったいち光の戦士の記録の続き(12個目の記事)です。

前回は、作成方法の紹介記事でした。 紹介記事で作ったのがこの6号機です。
幾つか工作を加えると、このような見た目にできました(^^)


(作りたい人のための記事も書きました、そこまで飛びたい人はここを参照↓)
【自作】その11 簡単に作れる作り方編
■G13の後継に使えるかも(アナログジョィステック)
■Windows標準ドライバで動く、追加ソフトいらず


6号機の改善版

前回の記事で作ったものについて、
見た目をよくするには、自分ならこうするなという工作を加えました。


さて、具体的な追加の工作は

・キースイッチとキーキャップ
 空きになっていたキーソケットに、すべてキースイッチとキーキャップを搭載しました。
 これだけで、見た目の完成度間が上がりますね(^^)

・土台
 土台のアクリルの不要部分をカット。
 また、キーボードキットのベースプレードを外して、
 アクリル土台に穴を加工して、ベースプレード代わりになるようにしています。
 これで、少し薄くなって見た目がすっきりしたのと、やや軽量化しています。

・パームレスト
 硬質ウレタンを、手が乗りやすいように削って、上に合成皮革を貼りました。

・光る
 今回はキー側は不透明なので、背面側LEDを6個だけ実装しています。
 ベースプレートがアクリルになったので、背面が光ると効果的(^o^)
 

・ソフトウェア
 ソフトウェアは全く変更していません。
 もともとLED周りを入れてあるので、あとは点灯操作キーを割り当てておけば
 押すと光りだしますw


今回は製作記事の左手デバイスも見た目良くなるという記事でした。


 << 次回につづく さらなる実用機作成中 >>


■記事インデックス
 ―手デバイス(アナログスティック) なければ作ってしまえ!【自作】―
その1 ロストG13に備えて
その2 試作1号機 とにかく作ってみた
その3 試作2号機 小型版を
その4 あなたも作ってみよう、作り方編
その5 試作3号機 スティック傾けてみた
その6 操作方法を改善するときの選択肢、左手デバイスのすすめ
その7 左手デバイスの使い方、光の戦士に向けて(使いこなしの基本ノウハウ)
その8 試作4号機 薄くしてみた
その9 試作5号機 もう1つのリメイク版
その10 試作4号機の地道な改善
その11 簡単に作れる作り方編
その12 作成記事でできた6号機
その13 普段用の7号機
その14 直行配列の8号機





Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying