Character

Character

Keeper of the Lilacs

Rain Lupinus

Ridill (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

バハ日記 10~16日目(7連勤)

Public
とりぷるれじぇんど~~~~~~~!!!!

こんばんは、れいんです。
怒涛のバハムート連勤7日目が終わったあとに書いています。

本日までの進捗は~~~

絶バハムート踏破!!!!


いや早すぎると思います。エクサ踏んだの学者の4回が最多ってマジ?

【記録】 10~15日目 17h 16日目 1トライ目クリア!!! (total 42h)

10日目は連撃練習から1回だけ2体時間切れ
11~14日目はひたすら連撃群竜安定から2体フェーズ練習
15日目初金バハムート到達!!! 4回中3回エクサ踏んだのは私です。
16日目 2体練習と金バハ練習! エクサは1回踏みました
しかもこの日はエクサ踏んだ回で時間切れ1%…悔しすぎました…。

ですが7/28、活動17日目 ついに踏破しました!!!!!
エクサミスがほんとにないメンバーで、ここまで踏み抜いてきた私にはプレッシャーがやばい。
特に学者が死ぬと軽減が2つ抜けることもざらで、そもそも先の練習ができないのもここまでの練習でわかってたので、ずっっっっっと手が震えてました…。
エクサのコール、軽減のコール、シナジーや薬のコール等やってましたが、
ほとんど自分に言い聞かせてたのに近かったですね。
なんにせよ1回もエクサ踏まなかったので人権復活です。

詳しくギミックの振り返りはまた後日書こうかな~と思ってるので
2体金バハの感想だけ少し書こうと思います。
2体については学者はリキッド捨てのルート選択が一番鍵だったなと思いました。
ルートを間違えると、攻撃はもちろんタンクのヒールも届かなくなり、逆に近づきすぎるとダイナモや散開事故が多発するという感じで、立ち位置を意識してリキッド誘導することが一番安定化への近道だなと感じました。ルートが確定してからはヒールする余裕も周りを見る余裕も増えてグッと安定した印象です。
金バハはヒール面で言えば一番簡単でした。
ただし学者としては一番緊張する一瞬でもあります。
計5回来るモーンアファーへの軽減をそれぞれ割り振るのですが、
どれも学者の軽減は前提として軽減率が組まれます。リプも前提ですが。
今回の軽減は誰かの1つが欠けても耐えれるように軽減は割り振りましたが、
この”誰か”に学者は含まれません。
つまり陣忘れ、バリアの先うちで張り替えれないor消えたり遅れる、
ましてや死んでフローを全ロストしてしまうとほぼ突破は無理となります。
学者としては一番胃が痛くなるフェーズであると同時に、
学者をやっていて一番やりがいのあるシーンであるのは間違いないです。

おわりに
ロドストの日記の固定募集に初めて参加して始まった絶バハ攻略でしたが、
本当にメンバーに恵まれたなということを実感しました。
周回が残っているのでこちらも後日終わった後に書こうと思いますが、
1か月半踏破目標に対して、今月だけで17日間活動するという驚異のやる気を見せながら、それでいてギミック理解度を深めて、わからないところを確認しあうという、まさに理想の活動像だったと思います。
私としてもこれまでの絶攻略の経験があったので、少しは力になれていれば嬉しいです。
固定メンバーとこの固定に送り出してくれた方々へ心からの感謝をこめてこの日記の締めとします。

ありがとうございました!まあまだ周回あるし日記は続くんですけどね!
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying