Character

Character

Tony Vercetti

Ridill (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 8

H1/H2という幻想

Public
※本稿は相方ヒーラーを持ち、詰めパに行ったりする熟練者向けです。

そろそろ固定のヒーラーペア向けの話でもしようかと思います。

貴方には気の知れた相方ヒラがいます。(VC連携に慣れているのが望ましい)
2人での最適と思われるヒールワークを組み、
緊急時の対応方針についても打ち合わせをし、日々切磋琢磨をしていることでしょう。

…まぁ熟達者には今更の話なのでしょうが、
以下について考慮しているかどうか、一度考えてみてください。

"H1,H2というポジションに拘り過ぎていませんか?"

あつらえ向けの例があります。共鳴零式1層です。
構成はH1白、H2学or占とします。

よくある基本散会位置では、H1が南西、H2が南東になっています。
また、ギャロップの突進は東側で処理することが多いでしょう。

さて、開幕の武具生成(4本槍が降るやつです)で、北東が安置になりました。
ここからH1白がどうギミック処理するかを述べていくと…

武具生成の安置へ行くために北東へ移動

雷雲生成の雲捨てのために南西へ移動

ギャロップの対処のためにへ移動

サンダーストームの対処のために南西へ移動

よくよく考えると意味不明ですね。
白の機動力が全然ないのは皆様よくご存じでしょうけれど、
にしても何故こんなに動かされるのでしょうか。

Instant GCDの使い方と滑り撃ちが上手い人であれば十分対処可能…でしょうけれど、
滑り撃ちを失敗した時やGCDが多少ロスった時の機会損失を考えると、
そもそも滑り撃ちはしなければしないほうが良いに決まってます。
つまり、極力動かないほうが良いのです。特に白は。

ではどうするべきかと言うと、武具生成の安置が北東になったのであれば、
その後の雷雲捨ては、H1が近い方(南東)、H2が遠い方(南西)にすればよいのです。
サンダーストームの対処についても同じことが言えます。
ギャロップを東で処理したのであれば、ストームはH1が南東、H2が南西で対処すれば
白が極力動かずにギミック処理が可能です。

(8人固定で白へのリスペクトが強いのであれば、
ギャロップ突進を白側で対処してくれるかもしれません。
つまりは↓こんな感じです。

武具生成の安置へ移動

雷雲生成の雲捨ての為にH1が近い方、H2が遠い方へ移動

ギャロップをH1がいる側で対処

サンダーストームの対処のためにH1が近い方、H2が遠い方へ移動

白にとっては理想ですが、調整すべきことが多いので
よほど熟達した8人でないと厳しいでしょうけれど。)

考え方のキモは二つです。
・白のGCDは学占のGCDに比べて価値が高いこと
・白は学占と比較して機動力がないこと

この前提を基にヒーラーペアとして最善を追求しようとした場合、
ギミック処理さえできるのであれば律儀にH1/H2のポジションを守る必要はなく、
白を極力移動させないような連携方法を採用するべきなのです。

現行の共鳴零式では1層が特に顕著ですが、
ギミック処理に方角のランダム性が色濃く出るコンテンツでは
同様の考え方で対処したほうが、ヒーラーペアとしてより高いパフォーマンスを出せるでしょう。
どのようなギミックをこのように柔軟に対処できるか考えてみると面白いかもしれません。

ああ、ちなみにヒラペア固定で野良PTに入った場合にいきなりこの方法をすると
"H1とH2逆やんけ!!"と驚かれる可能性があるので、
事前に一言伝えておくとよいかと思います。

固定のヒラペアで最善を追求する場合、
ギミック処理でポジションを無理に守る必要はないというお話でした。

何かしらの参考になれば幸いです。

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
(追記 : 白学を比較して、学者の方が機動力がないのでは、とコメントで頂いております。

共鳴零式を基準に、エナドレによるロスなしのルインラも含めたIGCDの数は学者が上回ると
考えられるため、学者の方がまだ機動力はあるという回答を致しましたが、
フローを回復に多用せざるを得ないようなコンテンツや、
或いは学者のアビリティを使いたいIGCDタイミングと
ギミック処理のタイミングが合わないコンテンツでは白の方が動きやすくなるでしょう。

曖昧な結論になりますが、白学編成の時にどちら側が動くべきかというのは
コンテンツ次第になるかと考えられますので、都度調整して頂ければと思います。)
Comments (8)

Shannon Hartley

Asura (Mana)

概ね同意ですが、実戦において最も動けないのは学者ですね

GCDが最も重いのは威力300のグレアを持つ白ですが
リリーヒールへの差し替えでの損失は-75
90秒毎の最大4GCDのInstantGCDを作れるのが白です

対して、学者はルインラへの差し替えで損失は-80
更にルインラにあわせるアビリティの兼ね合いがある為
TLとフローへの依存度が高いため自由度は高くありません

Tony Vercetti

Ridill (Gaia)

有益なコメント有難うございます。

学者は60秒毎に3フローが利用できるのと180秒毎の転化があるため、
ルインラ->エナドレによる損失なしで白よりも使えるInstant GCD数は
確保できると認識しております。
(勿論全てのフローをエナドレに使えるわけではありませんが、
現行の共鳴零式の要求ヒール強度では、それを加味しても
学者の方がIGCDは撃てるかと考えます)

学者のアビリティの性質上、TLの依存度が高く自由度がないという点については同意致します。

頂いたコメントより、
"白よりも動ける場所は限られるが、IGCD数は多く確保できる"
というのが学者の機動力についての正しい認識になると改めて思いました。

"白は学占に比べて極端に機動力がない"というのは語弊があるため修正させていただきました。

何か認識に相違等あればご指摘頂ければ幸いです。

Tony Vercetti

Ridill (Gaia)

フローをエナドレに使えない程度に要求ヒール強度が高い場合や、
学者のアビリティを使いたいタイミングとギミック処理のタイミングがかみ合わない場合は
白の方が動けると考えられる旨追記させて頂きました。

Shannon Hartley

Asura (Mana)

白の場合、自由なInstantを作れるといっても30秒毎で回数に制限がある
学の場合、理想的にはTLやフローの制約を受けるが、回数の制限が無い

これが世間一般に学者が動けるジョブと思われる所以でしょうね

白の人に覚えておいてほしいのは
学者が動けるとはいえ、最低損失で動けるタイミングはかなり少ないという事です
1分間にエーテルフローとエナドレ3つの消費で、蠱毒法、迅速死炎を合わせて3Instantが最低です
火力をつめると迅速すらギミックに割り当てられません。
確かに転化のフローでInstantは増えますが、バーストで吐いたり、次のエーテルフローまでに使い切らねばならず持ち越しは出来ません。
そして1回の損失量は、白がリリーヒールを吐くよりも、学者に余剰なルインラを打たせる方が重いという事です

Shannon Hartley

Asura (Mana)

私はFF14のレイドは、PTDPSやヒーラー合算でのDPSが重要だと考えています
例えば最近では、白がリリーヒールを絞ってミゼリの回数を減らしながらrDPSを伸ばす風潮もあります
結局、リリーヒールを1回使ってしまえばミゼリ1回分まで使用せねばならず、ミゼリを打つという事は合計で300の損失になる為ですね
こういう詰め方をする場合、白はかなり動けなくなります
(細かい話をすると、これはアサイズの食い込みを孕む為、実際の利は威力300未満です(せいぜい良くて200))

この威力200上げるために4Instant捨てて、その分相方ヒラが動くわけですが
それで学者のルインラが増える場合、許容できるのは3ルインラ未満となります
更にリリーヒール減、白のInstant減で吐けるアビも減るので要求ヒールも上がります

また白の場合、これは相方が占だろうが学者だろうがなんですが
2分のシナジーでミゼリを使わない選択をした上で、相方に移動を押し付けた結果
本当にヒーラー合算で見た時、強いのかな?って感じですね

Shannon Hartley

Asura (Mana)

あと、例で上げている共鳴1層の場合だと
ぶっちゃけると、学者も白も動けるのでどっちでもいいですねw

白は45秒のアサイズのためにリリーを使うのと1分のディア
学は1分のフローのために、残ってるエーテルフロー1本を吐くルインラと1分の蠱毒
どちらも2GCD移動に使えるので雷雲の処理に支障はありません

大事なのは動ける時に動いてあげる相方への心配りですな
白だから動けないんだ!ってのは違うかなって思いました。

Shannon Hartley

Asura (Mana)

ちなみに同じ共鳴1層7分16秒討伐の白占と学占で、白と学のInstantGCDの数を比較してみました
どちらも自分が参加したもので、占にギミックを偏らせている為、白と学は最小限の移動となっているもの

白占r25,911.9 わたし白
白:合計36回
ディア15
ラプチャー11
ソラス1
ミゼリ4
迅速5
(2回目フォーティーンチャージ前討伐であれば、ラプ3回とミゼリ1回不用だった回)

占学r25,510.3 わたし占
学:合計38回(内エナドレ31回)
蠱毒法14
ルインラ17
迅速7

確かにInstantGCD数は学者のほうが多いですが、その多くをギミックに合わせられるかといったらそうではないでしょう
個人的に、白と学どちらが動けないか?いわれたら学ですね
逆に、白と学どちらが動けるか?といわれたら学ですけどねww

Tony Vercetti

Ridill (Gaia)

さらに解説&具体的なデータを頂き有難うございます。

1層1位の学さんを見ると、IGCDは33回でした。
これほどまでに減るとは…正直驚きです。

一般的な学者の立ち回りだと、豊富なアビリティを回すために
エナドレを含まないルインラの数が増えるため、見かけ上のIGCDは多く確保できますが、
本来はそれすらも-80の機会損失になるため、極力少なくするのが最善になるのですね。

私も無意識でエナドレを含まないIGCDを勘定した上で
"学は白よりIGCDを撃ててギミック処理しやすい"と考えていました。理解が浅かったです。

何故1層の例を出しているのかと言うと、
白を出した時に北東 -> 南西雷雲 -> 玉取り -> 東ギャロップ対処で
"アアアアアアァァァァ!!!"と思ったからです。
いやぁ、練度が足りないが故なのですが。精進します。

重ねてになりますが、詳細にご教示頂きありがとうございました。
大変分かりやすく、私に足りないものを明確にして頂きました。
学びの機会を与えて頂いたことに感謝致します。
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying