Character

Character

Tsubasa Redblue

Bahamut (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 3

恋愛はむずかしい。大人のワガママについて

Public
FF14をプレイし続けていると、親しくなったフレンドさんたちから相談を受けることもありまして。
FF14内でのおめでたい話もありましたが、上手く付き合っていけてるヒトは1~2組くらいでした。別の価値観をもってる人間同士なので、まあそんなもんですよね。

相談されて一番困ったのは、「それ俺に言っても仕方なくね?」って案件ばっかりだったコトですかね。恋愛も友人関係も会社での人間関係も、裏でグチグチ文句言ったところで現状はなにも変わらないので、また少し経つと同じ愚痴をグチグチ言うんですよ。

聞いてやってもいいけど、お前自分では何かしたん?って言ってしまうやつですね。


前置きはこのくらいにして、本題の恋愛の揉め事についてお話ししていこうと思います。
大体が価値観の違いから生じる、女性からしたらありえないコトを男がしたとか、男性からしたら理解できない女性の思考からのスレ違い
以前書いた日記でも、「ありえないコトをされたから怒涛の如く怒る」コトによって、大事なヒトを逆に怒らせたり傷つけたり、本来なら話し合いで解決できるコトも拗れて別れてしまったりもよーーくあります。
こういうこと言うと、「先にあっちが私を傷つけたのよ!」って言われるんですが、傷つけられたからって同じように傷つけて、2人の関係がよくなると思うのか?と。こういうコトをされて傷ついたから、次はしないでほしいと言葉で伝えればいいだけの話なのですよ。
自分は「ありえない」と思うコトでも、相手にとっては「なんでもないコト」だったりするからこそ、スレ違いが起こるんです。(そこらへんは僕が以前書いた日記があるので、気が向いた時にでもご覧ください。)

スレ違いをする度に毎回「別れる!」なんてやってみてください。絶対別れます笑
疲れちゃいますもんだって。話し合い=相手を理解しようとする行為ですからね。同じ目線で話し合おうとしても拗ねて応じてくれないなら、そりゃ限界が来たら離れたいと思います。恋愛だけしてるわけじゃあないですからね。仕事や友人関係、親からのストレスだってある中でフルで恋人のコトを考えられるわけがないんです。
話し合いすらせずに怒り散らしてコドモ恋愛のように毎回別れると言い出すというコトは、相手の意見より「自分の意見を通そう」とするタイプが多いと僕は思います。



大人になってもこういう話があるのですが、「我を通すコト」が「相手に我慢を強いること」・「強要」になっているコトがあります。無意識にです。まるでコドモのようだと思われるかもしれませんが、1つたとえ話をします。



子供が「このおもちゃ面白そう!ほしい!」と駄々をこねたとします。
親御さんはお子さんのコトをよくご存じなので、そういったおもちゃをお子さんは好きではないコトを知っています。親御さんは「どうせすぐ飽きて、遊ばなくなるでしょう。」と言うと、お子さんは「やだ!絶対遊ぶ!だから買って!」と精いっぱい駄々をこねます。通り過ぎる周囲のヒトが、お子さんの大きな声や仕草に注目します。周囲からの視線の恥ずかしさもあり、理屈で納得してくれない幼いお子さんに困った親御さんは、仕方なくおもちゃを買うコトにしました。とても喜ぶお子さん。買った帰り道もそのおもちゃをしっかり抱きしめています。
さて、家に帰ると、お子さんは早速そのおもちゃを放り投げて、お気に入りのいつものおもちゃで遊び始めてしまいました。

これは一体どういうコトかと言うと、おもちゃを見た時にお子さんは「面白そう!どうしてもほしい!これで絶対遊ぶ!」と思った気持ちには嘘偽りなく、本当の気持ちでした。
ですが、お子さんはすでに「買ってもらったコト」で満足してしまったんです。

親御さんはおもちゃを買うコトを渋っていましたね。
お子さんから見ても、「買ってくれない」と思った筈です。
しかし、なんとかお願いして買ってもらえたコトで親御さんに「言うコトをきかせた」コトが分かりますでしょうか。「自分の思い通りに周りを動かせる」コトをこの何気ない瞬間に知ってしまったんです。


これがワガママですね
恋愛でも似たような光景を知りませんか?



些細なコトでケンカをする恋人A・B。
そうですね、例えばAが何時頃に連絡をすると約束をしたが、その日は大変疲れていて眠りこけてしまったとしましょう。Bから連絡が何度あっても起きず、翌日になって「ゴメン、寝ていた」とAは連絡を取ります。しかしBは「約束を守らなかった、何時間も待った、何かあったのではないか、浮気しているのではないか心配で気が気ではなかった」と怒り散らします。
Aは「それは申し訳なかったと思ってる。でも仕事で疲れて、帰ってきてそのまま何もせず寝てしまったんだ。そんなに怒鳴らなくてもいいだろう」とBのあまりの剣幕にAも少しムッとしています。
BはAの態度もあり、怒りは静まらず「知らない!こんなにつらかったのに…!もう連絡しないから!」と通話を切ってしまいます。
AはBの怒り狂った姿に、「大して酷いコトもしてないのに、あそこまで言うコトないだろう!こっちだって仕事でイライラしているのに、自分勝手に通話も切って。こっちだってもう知らないからな」と連絡を絶ちます。
数日すると、今度はBから様子見のようなメッセージが届くようになります。「おはよう」とかそういうった普通の短いメッセージです。まるでケンカなどしていなかったような文章。
Aは「自分で勝手に通話を切って連絡しないと言ってきた癖に」と余計イライラが募ります。しばらく放っておくと今度はBから謝罪のメッセージが届きます。内容は仲直りしたいと言うものでした。

Click to showClick to hide

恋愛観というのは育った家庭内環境や、今までして来た恋愛によって理解し合うのがむずかしいです。Aが寝入っていて約束していた連絡を破ってしまったのは仕方ないコトだと思いますし、Bがここまでカリカリしているのはご両親の関係性であったり、過去に浮気などされた経験があると必要以上に不安になってしまうコトもあります。
この記事では「連絡あるまで待てばいいコトじゃん」という第三者的な意見は敢えて書きません。
それぞれ古傷がある中、お相手と良好な関係を続けていくためには、カップルごとに相手をどう理解していくかや思いやりの仕方は変わると思っています。古傷を含めてお互いフォローし合うコトが大事ですしね。そこは当人同士のお話し合い、というコトで脱線してしまうので深掘りはしていません。



どうでしょう。
展開はまったく異なりますが、コドモのおもちゃの話と似てませんか?
Bの望む通り「連絡をしない環境」になりましたが、コドモもBも180度気持ちが変わりました。周りからすると、「言ってたコトと真逆じゃん、意味分からん」となってもおかしくないです。
共通するのは「現時点の自分の気持ちを優先しているコト」です。
コドモは先々を予想して行動しません。「これがあれば後で役に立つな」と思っておもちゃは欲しがりませんから。「今」面白そうだと思ったから「ほしい」と思ったわけです。あとで飽きるなんてコトは露程も思ってないんです。ただどうしても「今」「それが」「ほしい」。ただコレだけなんですね。
世間の目があるコトを子供ながらに知っているので、親御さんを困らせるためにも精いっぱい駄々をこねたわけです。このまま大きな声で駄々をこねていれば買ってくれるかもしれないと。
=ワガママです。

Bにしてもそうで、「今」つらい気持ちが絶頂だったからそれを「吐き出したかった」。私を傷つけたんだから「納得のいく言葉で謝ってほしかった」んですね。コドモと共通するのはこちらもそう、「もう連絡しない」=「私がいなくなったら寂しいでしょう、困るでしょう、ちゃんと謝れ」という駄々もこねました。
この時Bは、感情任せに怒るコトで先々どうなるのか、Aがどんな気持ちになるのかなんて考えてません。
180度気持ちがコロっと変わるのも、「今の自分がよければいい」が行動理念になっているので、後にコロコロ言うコトが変わるのも、後になって都合が悪くなったから「今の自分に都合がいいように言っている」だけで、本人は何もおかしなコトをしているつもりはないんです。
本人からすると、筋は通ってますけどね。今が良ければいい。コドモと同じです。
大人になっても先々の関係を考えられない態度をされては、周りが疲れるだけですけどね。
=ワガママです。

コドモ・大人もそうですが、ではワガママってなんでしょう。
僕はイジメやケンカと同じで、言葉のニュアンスに惑わされやすいと思ってます。
コドモ同士だとイジメと言われますが、大人がすれば嫌がらせ行為や犯罪になります。
コドモが殴り合いをしてもケンカと言われますが、大人がすれば暴行事件です。
このように言葉を敢えて悪くして言うと、ワガママは「相手を思うままにコントロールさせたい」「服従させたい」というコトになります。

相手が謝っていても、誠意が全くないわけではないのに、納得のいく言葉ではなかったから許さないとか、自分の望むコトを100%相手に強いていたら良い関係性なんて生まれません。
相手はお人形ではないですし、なんでもいうコトを聞いてくれる親兄弟じゃありません。

お互い大事にしなければならないヒトである筈なのに、「どうして分かってくれないの」とか「こうするべきなのに!」と押し付けてはいませんか?
毎回言いますけど、浮気や金遣いの荒さは別の話です笑
それはどうしたって悪なので、今回は親しい間柄だからこそ、改めて考えた方がいい「ワガママ」というコトについて書いてみました。

また世間でいろいろあったみたいですしね。
敢えてそこは書きませんけど。

恋愛に夢中って言うのは素敵なコトでもありますが、自分の気持ちに翻弄されないように。せっかく素敵なお相手がいるのなら、どうか言葉をたくさん交わして理解し合い、お互いの嫌な部分さえも受け入れたり話題の1つになるような関係になれたら素敵ですよね。
大事なヒトをがんじがらめにしたり、傷つけることのないように。
Comments (3)

Aruru Planta

Ridill (Gaia)

何故かFFと関係ない恋愛系の話に あ、 初めはFF内の
恋愛相談からなのですね。

何故か読み老けてしまいました。
恋愛してると 好きであればあるほど 相手を束縛したくなり ワガママになるのでしょうね!
でもそれは 多分 好き とは違うのかな でも不安になる気持ちは 分かります。 (昔)は 女の子でしたから

私事になりますが 主人と付き合ってた頃
30年前くらいになりますかね。 主人は友人関係が 大切な人で
私との約束より友達の約束を優先する方で 良く当日にドタキャンされてましたね。 でも 何故か 全然許せたのですよ。
なぜだろ 不安とか感じなくて 当時はスマホも携帯もなくて電話だけで 家も遠いし。 でも何故か会えなくても寂しくなかった なんだか 繋がってる感じかして。
それから2年くらいして、 結婚したのですが。

束縛は 親子でも恋人でもされると嫌になるので。
より良い距離が良いのかな それで別れていく相手はそれなりの人で、 結び合う人はきっとそれでも結ばれる。
寛容になる事
それでも性格は様々で 思う事も色々あるので
人間関係は 難しいですね。

Tsubasa Redblue

Bahamut (Gaia)

Aruruさん

関係ないかと思いきや、人間関係の延長でもあるので身近な話でしたね笑

恋は盲目、と言うやつですね。
自分のしたいコトばかり言っていたら、相手も息苦しいですしね。
特別な相手だからこそ、友人関係では保てていた距離感や思いやりを忘れて、少し我が強くなってしまうのかもしれません。
今も前も、みなさん男の子であり女の子であると思っております!笑

素敵なお話だ。Aruruさんのお人柄も素敵だと思いましたが、ご主人の思いやりもあったからこそ、Aruruさんは不安を感じなかったのだと思いました。
日頃の態度ですとか、配慮ですとか、そう言ったコトを自然と出来ていたお二人だからこそ、心でつながるコトが出来たのかなと。
今は連絡ツールが発展しすぎて、少し返事がないだけで気が立ってしまうなんて愚痴もよく聞きますので、心にゆとりを持つコトが大事だと分かるお話だと思いました。

Tsubasa Redblue

Bahamut (Gaia)

もし仮に連絡取れず寂しいコトがあれば、お相手に寂しかったコトを素直に伝えたり、お相手も連絡取れないコトもあるけど不安にならなくていいよ、と伝え合うコトが僕は大事だと思っておりまして。
別の日記でも書いているのですが、伝えたところで相手が何かしてくれると慢心するのではなく、伝えるコトで分かってもらえるコトもあると思うんです。
Aruruさんご夫婦のように、足並みをそろえてゆっくり想い合えたら一番素敵なコトですが、ソロで突進してしまうタイプのヒトもいますので…笑
お付き合いして、ゆっくりお互い理解し合えてやっと足並みが揃うのではないかなと思います。

とは言え、おっしゃるようにどんなに好きでも、どうやっても上手くいかない相性というのはありますので、やっぱり結果として「人間関係は難しい」につきますね汗

長くなってすみません汗
コメント有難う御座いました。
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying