Character

Character

Qlainne Oswell

Pandaemonium (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

バハムート真成編3層【2戦目:焦るな 急かすな 躊躇うな】

Public
バガボンドの宝蔵院胤舜のセリフ「力むな はやるな ためらうな」を真似てみました。

前回の日記にも書きましたが終わりが見えてきました。
真成編のクリアの話ではありません。
真成編3層4層の攻略はまだまだ時間が掛かるかと思います。

邂逅編1層下限から始まった大迷宮バハムート下限野良募集の旅が終わりに近づきつつあるとの実感が湧き始めてきましたと言う意味合いです。
バハ零式下限も挑戦しようと思っていますが、これは少し毛色が変わる可能性があります。(ここは「断固たる決意」が求められそう…)
邂逅編>侵攻編>真成編の流れで一区切りと考えたい私が居ます。

そのような中で真成編3層に入って今まで考えていなかった発想が生まれています。

「ラストスパートを掛けても良いんじゃない?」

つまり「ガッチガチに予習してコンテンツに挑んでクリアするのはどうだろう」この意識が正直芽生えました。
クリアを急ぐ発想です。
(予習=クリアを急ぐは語弊があるかもしれませんが、敢て書きました。)
但しこの考えも直ぐに考え直します。
「私(募集主)だけがクリアを急いでも余り良いことは無いよね」と言う訳です。
PTでの戦闘を楽しんでいく。
PTでの攻略を楽しんでいく。
ギミック処理の仕方の質問をする。
ギミック処理を完璧にこなせた時の高揚を実感する。
等々。
これらFF14におけるPT戦闘コンテンツでの楽しみ方があり、その楽しみを体感したいが為に私はバハムートに乗り込んでいる訳ですが、さてこれらの楽しみを差し置いて「クリアしたい」と言う感情を優先したいがために「FF14における戦闘の楽しさ」を後回しにするのもどうなのかなと思い直した訳です。

ガチガチの予習が面白くないと言う事ではありません。
普段予習を全くせずにPT募集をしている私が、「早くクリアしたいので予習をしてクリアを急ごう」と考えて攻略を急ぎ始めると、「他のメンバーに対する対応が疎かになる危険性がありそう」と考えるかもしれないと言う事です。
曖昧な書き方しか出来ませんが、暗黒面のフォースに支配される私が容易に想像できるのです。

原点回帰
初心貫徹

少し意味合いは違うかもしれませんが、「終わり」が見え始めた今こそ、全てにおいて急がず地に足を付けた行動をしていこうと決意した訳です。
そうは言っても、バハを始めた頃の私と今の私では色々と変わっている事もあるはずなので、経験を生かして決断するべき事は決断して今まで以上にスムーズな進行が出来たら良いなと思っています。

クリアの為に今までの方法から方向転換するのではなく、クリアが遅れようとも今まで至らなかった点は修正していき、良かった点は更に伸ばしていくPT運営を心掛けていこうと言う訳です。

そしてメインクエでは語られなかったバハの物語も含めて、今後益々PT戦を楽しんでいけたらな~と気持ちを新たにしたのです。

Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying