Character

Character

Iiris Aubrene

Pandaemonium (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

再生4層前半ガンブレMT簡易メモ

Public
これからガンブレMTで頑張りたい人へ。
今回から零式やってるような人向けかも。
相方ナイト想定。
ノーマーシーをリキャ打ちするだけで所謂青は出る。リキャ打ちできないなら大人しく両手剣を担いでグレアを打ってもらおう。
それ以上の火力の出し方は各自頑張って。

・基礎の基礎知識
ボスは詠唱中は向きが変わらない。マレフィキウムでボッ立ちするのではなく、相方ナイトのパッセ、占星の輪にはなるべく入る。ブラナイがない分ちまちまがんばろう。
そのためにも基本的にボスのターゲットサークル上にいるのではなく、もっと内側にいることをお勧めする。

・開幕
3秒前ランパ、1秒前サンバレ
ボスは若干南に置く。(ジャンクションでボスが中央にワープする際、ボスが後ろに向くのを防ぐため。)
アサリが手前に置いてある場合があるためしっかり入る。適当にマレフィに合わせてネビュラしてもおk。

・タンク強攻撃
相方ナイトがどこでインビンを使うかしっかり確認を取っておく。使わない場合、スイッチ必須。ストーン、シャーク、ボーライド。他の層同様に同時にバーストなので、アビの使用順はしっかり決めておくこと。
強攻撃後取り返す。
相方ナイトがインビンする場合、ボーラはしっかり次のAAも無効にするようにギリギリでキャストする。(ベネ等が遅い場合もあるため。これはヒラが悪いんじゃなくて考えずに無敵したタンクが悪い。)

・DD
バーストしながら線を伸ばすのでスプリントを入れてなるべくgcdを止めない。
つららの判定は敵視リストのキャストが終わった時点で確定する。
DD開幕着弾で落ちがちなキャスかヒラのHPが少ない方にストーンを投げると良き。

・タイタン
ジャンクションタイタン詠唱からタイタン終了までボスの向きは変わらない。
大地の怒りをケアルガで戻すヒラさんやパッセがあるため、ジャンクションタイタン詠唱からボス後方にいることをおすすめする。
タンクとして、2回目の爆発がヒラがきついことは知っておこう。DD開幕着弾にライトすればここに帰ってくる。

・タイタン後〜巨人頭割り着弾まで
AAが痛い。ずっと痛い。
タイタン終了時点で30秒バーストしながらランパ、カモフラ。これより遅れると2回目タンク強に帰ってこない。ここでオーロラはまだ使わない方が良い。
直後のマレフィにストーン。
はなつ+頭割りビームを受けた後のマレフィに余裕を持ってストーン、受けた後オーロラ。誘導後、巨人が降ってくる頭割りにストーン。

・巨人中
悦楽の手の向きが確定するまで動かない。
巨人のおっさんの尻で番号が見えなくても動かない。

・巨人後のタンク強攻撃
張り手で吹っ飛ばされた後すぐにバースト。
バーストしながらマレフィに対してランパ、リプorライト、ネビュラを必ず合わせる。カモフラもしっかり入れて、ストーンは相方ナイトへ。

・ライオン
ノックバックが痛め、余ってるならここでライト。6分バーストなのでここも妥協したくないが安全重視で。シナジーを見るが、薬を割るならここが正解なことが多そう。

・3回目のタンク強攻撃
1回目と同じ。相方ナイトへストーン。



前半は誘導がないため非常に楽。回しで楽させてもらっている分、ヒラさんのために軽減の打ち合わせはptに入ってから必ず行おう。
前半を超えたらおめでとう。ガンブレMTを後悔する後半が待っている。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying