Character

Character

Blue to the Bone

Bone Moonlight

Ixion (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Follow this character?

  • 3

はじまりはいつも雨上がりのミライとメテオレイン

Public

 


CHAGE and ASKAのヒット曲「はじまりはいつも雨」という好きな歌がある。
有名な曲ではあるので知ってはいたけど、好きになったきっかけは、とある作詞セミナーイベントに参加して課題曲として向き合ったから、というちょっと変わった経緯。

あまりに好きになったので本物の生歌を現場で聞きたいなと考えてたところで、CHAGE and ASKAの活動を休止してソロ活動してたASKAさんが5年ぶりのコンサートツアーをやるという情報をキャッチ。
ASKA PREMIUM SYMPHONIC CONCERT 2018 -THE PRIDE-」という、オーケストラを伴奏に据えたツアーの静岡公演に参加することができた。

聞きたかった「はじまりはいつも雨」。
YouTubeの公式チャンネルで、このツアーの後に開催された2019年のバンドツアー映像をフルサイズで視聴できるので、もし4分ほど時間があるのなら最後まで見て行って欲しい。

この歌のサビは「はじまりはいつも雨 星をよけて」。
ラスサビの歌詞は「はじまりはいつも雨 星をよけて ふたり 星をよけて」と主題を繰り返しつつ「ふたり」という言葉が加わって、さらなる深みを感じさせる。

この「星をよけて」の歌詞の解釈が当時は分からなかった。

ちょっと甘い歌詞の普通のラブソングだと思っていたけど、セミナーで歌詞全体を解体し、壮大な生歌を現地ではじめて聞いたときに、その意味は自ら生まれて閃いた。

「星をよけて」とは、隕石、メテオのことであると!
ソロでもパーティでも滅亡する!
ついでに人類も滅亡する!

 

な、なんだってー!!
MMR AA)


 
 

 
デンダインゾネのエクリプスメテオは避けられない。
そして倒すまで繰り返される…。
モンハンのようにジャンプして避けたりはできないのである。
それは予言動画でも示されていたことであった。

 


はじまりの雨。
それは40億年前に1000年降り続いた原始の雨の記憶。
降り注ぐ隕石の星をよけて生き延びた、我々生命の記憶…。

デンダインゾネのエクリプスメテオによるPT壊滅も、原始の海からネットの海へと進んだ生命誌の一頁なのであった…。

 


好きな天候は流星雨!
光の英雄ボーンの旅は続く…。
新たに生まれる日のために。


などと、ここで締めれば壮大なイイ話風の謎日記で終わるのだけれど、雨というキーワードで「雨上がりのミライ」という、また違ったベクトルの名曲にリンクしてしまうのがボーン氏の頭の中の厄介オタクが騒がしいところ。

そう…畑&神前コンビによる、ミルキィーホームズはじまりの歌「雨上がりのミライ」…。

このメテオ事件の翌日には、全滅で浮いたセーブスロットを使って地下堕ちした冒険者アイドル・エッダちゃんとの初接近戦に赴くイベンター崩れの光の戦士という設定の末路エピソードがあるんだけど、それはまた別のお話。

 


転んでもタダでは起きないが、高くつく。そんな人類と人生の教訓と調和。
愛じゃ足りない気がしてきた。
Comments (3)

Maimaaaaaaaaaai Mai

Ixion (Mana)

ボーンさぁん☽ ⋆゜

ぼーんの口からラブソングとか
珍しい事言ってるなぁ〜って思ったら、
メテオの話⁉︎ Σ(  Д ) ﻌﻌﻌﻌ⊙ ⊙エーーーー笑笑
面白かったですꉂꉂ(๑˃▿˂๑)笑笑

でもあのメテオ本当に怖かったぁ〜_:(´ཀ`」 ∠):_
必死に回復しても
3回目は耐えれなかったですぅ(*꒪꒫꒪)チーン
次は4人だし3回目来るまでに
絶対倒しましょう〜(ง°̀ロ°́)งオーー

Bone Moonlight

Ixion (Mana)

>まいまいサン
ちょっとふざけた内容に見せかけてますが、この日記は作詞セミナー参加したときに立ち寄った国立科学博物館で出会った「はじまりは、歌だった 「つながり」の進化生物学」という一冊の本を下地にして、ずっと温めてるお話の一端だったりします。
https://www.asahipress.com/bookdetail_norm/9784255006956/

他者や異性を惹きつけるために生まれた鳴き声から、文化としての歌が生まれ、歌から言葉が生まれ、言葉が生まれたから意識や心が生まれたという説が本の概要。
そこから発展させて進化言語学みたいなことをずっと考えてたりします。
ワープロからネットテキストへの進化、顔文字とかAA、ゲーム内でのチャット言語のスラングとか変化も興味の対象。

Bone Moonlight

Ixion (Mana)

メテオもFF文化の根幹にあるテーマだったりしますねぇ。
デンダインゾネの使うエクリプスメテオという攻撃技。
エクリプスというのは天文用語の「食(蝕)」の意味があって、日食を英語にすると(solar eclipse)になります。
エクリプスメテオを訳すと「星蝕」みたいな感じでしょうかね。
隕石落下というのは、星を蝕む者への天罰みたいな破滅的な恐ろしさもありつつ、隕石が地球に生命の素をもたらしたという「パンスヘルミア説」というの学説あったりします。

日本にも「星」のついた地名がいくつかありますが、そういった場所には隕石落下の言い伝えがあったりするのですよ。
武器の話だと鉄隕石を使用して製作された刀剣が世界各地にあって、日本でも「流星刀」と呼ばれる刀があったりして、ロストウエポンの「星切」もそうした「流星刀」じゃないかなーと想像してます。

四人ユニットだとLB使えるようになるので、メテオ超える確率はだいぶん上がりますね~。
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying