Character

Character

Endwalker

Nao Nonomiya

Asura [Mana]

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 3

久しぶりにメインクエを。

Public
これはメインクエとは関係ないけど、今、とても人恋しいです。
私は戦闘系コンテンツは『知り合いが一緒なら各種ルレ行けますし、むしろぜひ行きたいです!』程度の人間です。
野良ソロで紅蓮以降のIDやアライアンスに飛び込むような事も出来ず、練度を高めて高難易度に挑みたい!の強き心の戦闘民ではないので、こちらからフレの皆さんに提供できることも少なく。

↑こんなことを何ヵ月かに1・2回の周期で考えます。
ルレにスマートに誘えない私が悪い。うまく戦闘出来ない私が悪い。復習しても覚えられない私が悪い。

それでもFCメンバーの誰かに会えるかな?と昨日はオシャレに向かってテレポしてみました。

嘘です。某・メンバーがオシャレにいると分かっててテレポしました。テレポ中に別の場所に行かないでくれと祈りながら。

エーテライト・プラザ付近のマケボ。そこで某・メンバーはクラフターをしていました。
近寄って、エモでお辞儀して、周りをくるくるまわって。相手もエモとくるくるで応えてくれました。
とても嬉しかったです。話したかったこと、全部ふっとんじゃって、大した話は出来なかったけど。
相手もクラフター作業中だし、昨日はリセ日前日だったから忙しかったろうし。早々に退散しました。

私も、素直に『大好きです。楽しいです。またそこに連れていってください。一緒にここについてきてください。』って、ちゃんと伝えられる人間になりたい。
下手な事言って嫌われたくない。って保身に走るからダメなんだけどね。
私が変わらなきゃならないのにな。


ここからメインクエの内容。
ネタバレが嫌な方は、この日記を閉じてください。自己防衛をお願いいたします。

























今日はイーアの知った《世界の真理》とは?の続きから。

うりぴに呼び出された菜緒ちゃんとラハさん。
みんなを守って消えてしまったサンクレッドさんとにゃんさんを見て、思ったことがあるようで。
『これから私がする決断を止めずに、見送ってほしい(意訳)』と言われてしまいました。
うりぴ、もしやもうじきいなくなるのか?寂しいよ。
菜緒ちゃんに話した理由は《もう隠し事はしないと約束したから》、ラハさんに話した理由は《水晶公の時に、公自身の命をかけたお願い事を聞いたから、今回はこちらのお願い事を…》みたいな感じでした。
尊重するしかないじゃないか。誠意を持って話されたことは、誠意を持って返さなきゃならないじゃないか。ズルいよ。


シュトラさんたちと合流して、イーアの話を聞きました。意訳は以下の感じ。
『無限に広がり続ける宇宙。そして、そこに点々と生まれている星々。その終わりを知り、色々調べて足掻いてみたけど、《世界が終わる》結末は変えられないと知った。』
『推測される《終わりまでの時間》は、まだしばらくあったが、先の事を知ってしまったがために、今まで積み上げてきた知識の泉がやがては無になると分かってしまった。』
『全てが無に期すということは、イーアたちの死後、その事を悔やむ者も、復元しようと試みる者も現れない。』
『宇宙ごと終わるとは、そういうことだ。』
『何も知らなければ幸せだった。全てが原始的にあること。それが一番の良策だったと今さら気づいた。』

シュトラさんはイーアの言葉を『そんな程度の話だったのね』と、一蹴しました。
シュトラさんは好奇心のかたまりで、知らないことを解き明かすのが好きで、最適解を追求するためなら足掻くのもいとわなくて。

イーアになりきっていたメーティオンさん(黒い鳥バージョン)の黒い竜巻に、シュトラさんは飲み込まれてしまいました。
そこで、消されたみんなを元に戻せるけど《絶対に使わないように》と内緒にしていたヒントを教えてくれました。
アゼムのクリスタル。《肉体を持たない者も呼び出せる》という、ヴェーネスさんのおまじないがかけられたクリスタル。これを使えば、みんなを元に戻せる。

でも今使ったら、先には進めなくなる。サンクレッドさんが作ってくれた空気や地形、にゃんさんが作ってくれた風の通路が無いと、メーティオンさんには追いつけない。

菜緒ちゃんたちが悩んでいると、うりぴがシュトラさんの隣に歩いていきました。
2人で残されたメンバーのために道を切り開いてくれました。無事に歩めるような加護もくれました。

イベントムービー後、残されたメンバーでメテオマークがついた人を後回しに話しかけてみました。
アルフィノさんが『単独行動は何度もしたが、今回ほど空間が開けている(←メンバー減少による、密度的な意味で)ことが心細いことはない』と、弱音を吐いていました。

《最後の休息》の時、みんながいたからここまで来れた。って感じのこと、アルフィノさんは言ってたもんね。
そうだね。寂しいね。心細いね。風景もあいまって、なんか、この隙間が寒いね。


次の星は機械の星。オミクロンという戦闘狂?ロボットたちがいました。
しかも、ウルティマ・トゥーレについて最初に訪れた《竜の星》を攻撃したのが、この星の民でした。
今回の星の民はどれだけ絶望しているのだろうか…とか思って、会話してみました。
しかし、彼ら?はいずれ来るであろう戦闘の準備に忙しく、終わりを希望している者はいなさそう。

それでも何か困ってることはないかと探ってみると、彼ら?は戦闘準備を万端にしながらも、《マスター》からの戦闘開始の号令が出ない事を不思議に思っていることが判明しました。さっそく、マスターに会いに行きました。

マスターと呼ばれるユニットは、機械で出来たおっきな目玉でした。
しかし色々訊いてみてもパッとしない答え。
そこは所轄が違う、みたいな。私ではなく、戦闘部門のユニットに言え、みたいな。
お役所仕事みたい。

それならばとアプローチ方法を変え、《戦闘開始の号令が来るまで、自己を研鑽し続ける》民の中で、それとは関係のない動きをしている個体を探ることに。
統率がとれている民から外れた行動をすると言うことは、世界の終わりを望むほどの不満を抱えている可能性があるし、もしくは、マスターに連なる者が一般兵の振りをして周りを監視してまわっている可能性もある。
一般人に紛れて周りを見にきてるって、ヴァルシャンさんみたいだな。
まぁ、どちらに転んでもこちらにとっては、解決の糸口になるのでありがたい。

そして見つけた《民と外れた行動をする個体》は、件の戦闘開始の号令をくだすユニットの分身でした。
会話の意訳は以下の感じ。

『私たちの祖先は元は人間でした。強くなるために自らの身体の一部を機械に変えて、進化していきました。』
『最後には脳さえも捨てました。機械の身体を電気信号で動かせるようになったからです。』
『強くなるために進化してきましたが、一番強くなったあかつきには、何が残るのでしょうか。』
『祖先は何かのために強くなりたかったのでしょうが、今はその理由が分かる者はいなく、目的がすり変わってしまった気がするのです。』
『私は本当に《私》なのでしょうか?全てが機械に置き換わり、人間だった頃のものは何も残っていない私は、私なのでしょうか?』
『だから私は《変わらない》ということをしたい。戦闘準備をし続け、しかし戦闘開始の号令は出さず、このまま朽ちていきたい。』

この言葉を聞いて、何やら決意をしたラハさんが、菜緒ちゃん(主人公ヒカセン)に『約束をしよう』と語りかけてきます。
この旅が終わったら、主人公の好きな場所、オススメな場所や物、まだ行ったことがない場所に一緒に行こう、と。
英雄の冒険録に載るよりも、英雄と一緒に旅をした記憶を重ねていきたい、と。
なるほどね。ラハさんが今回は説得する側になるんだ?
約束を持ちかけられた時の選択肢、肯定と否定の2択だったんだけど、菜緒ちゃんの気持ちを考えて肯定の方にしました。個人的には否定の、しかも選択肢にはなかった言葉を言いたかった。
『行かないで』って。

クリスタルタワーで眠りにつき、水晶公としてクリスタルタワーの端末になり、その後目覚めて旅を続けてきたラハさんが、その個体を諭すことに。
相手の気持ちを尊重しつつ、人間は変われることを語ります。
『私は《私》なのか?』の問いに、昨日の自分と今の自分でさえも1日1日成長したり老いたりして、ずっと変わらないことなどないことで答えていたり。
『おやすみ』と『おはよう』の間にあった色々なこと。
自分で考え、自分で行動してみる。何をするにも自由なんだと。

納得したのかどうなのか。そこは分からなかったけど、ラハさんが個体に寄り添うことで、黒い鳥は2人ごと竜巻で消し去りました。
遠くに、ラハさんが作ったクリスタルで出来た橋が出来ました。

2人を帯同するモード(何だっけ?同行させる、だっけ?)で、橋を渡る菜緒ちゃん。
歩いていく。ラグナロクに乗った時はあんなにいたのに。ルヴェユール兄妹と菜緒ちゃん。3人になっちゃったね。


ついた場所は、誰もいない星でした。
メーティオンさんが降り立った時に、すでに誰もいなかったようです。
周りを見ると生活の名残はあるのに。住民だけがすっぽりと抜けた街なみ。

寂しくて。悲しくて。寒い。苦しい。
人恋しい時に、ここに来てはいけなかった。
お写真、撮りました。これは人恋しいからではなくて、ずっとずっと、メーティオンさんにこうしてあげたかったの。
エルピスで独り悩んでた彼女に、こうしてあげたかった。
Comments (3)

Mint Liqueur

Shinryu [Meteor]

こんにちは!!

戦闘系は知り合いPTでしか行けない系JKです。
ひとそれぞれ得意不得意があるのが当たり前で、Naoさんのように不得意なところを改善しようと努力を続ける人と、あたしのようにハナから諦めて別のことばっかりやるやつも居ます笑

例えばあたしはレベルレのお誘いはできるけどDDには行けないしFC活動もちゃんとできない。まあそういうものです。

Naoさんはまだ途上なのだから嘆く必要はまったくなくて、これまで通りに一歩一歩前に進んでいけばいいと思うし、立ち止まっても後戻りしてもそれは無駄ではないと思うのですよ

最近Naoさんとお出かけしてないからちょっと寂しいですね。Manaに行ったときにまた遊んでください。たまにはメテオに来てくれてもいいのよ♡

Joan Jet

Masamune [Mana]

なおさんも私みたいに引っ込み思案だから、グイグイ行かないとなあって気持ちはよくわかります。
迷うんですよねえ・・・。

Nao Nonomiya

Asura [Mana]

みんとさん>

ありがとうございます。
いつもはもうちょいマシな感じの卑屈さなんですが、深く深く落ち込むと卑屈通り越して、じめじめした不快さをばらまく人間となります…(汗)
慰めてもらったので、まだ、人と関わる事を頑張れそうです。

じょあんさん>

じょあんさんはきっと愛されてますよぅ。可愛いですし、愛称もついてますし、めっちゃ可愛いですし…(ファンのひいき目)
悩みますよね。どうしたらいいのか、と。
余計なプライドを捨てて、簡単に考えて動けたらいいのに。
Post a Comment

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying