Character

Character

Kyle Harbor

Of Unbreakable Lealty

Bahamut (Gaia)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

DC改編について拙い憶測と、そこに向けて。

Public
4つ目のDCを作り、DC構成を変えるという話。
現状では、あの短い文章から読み取って推測するしか無いけれど、ゲーム内の既存のコミュニティ…既存のCWLSは全部解散と仮定しても差し支えない…。

これまでDC内にサーバーを増やしすぎたせいで各サーバーのログイン人数の上限を上げられなくて、ログイン混雑を引き起こした。
その対策としてDCを増やして、1つのDC内のサーバーを減らす。
これが現状可能なサーバーの増強。
…と僕は解釈した。

昼間にツイッターで「Gaia」ってワードがトレンドに入っていて、覗いてみると「Gaiaがいい!」とか「Gaiaに残りたい!」みたいなツイートで溢れかえってたけど…
恐らく、そういう話じゃない。
仮に自分のサーバーがGaiaに残ったとしても、GaiaにGaruḍaサーバーやAsuraサーバーがやって来るかもしれない。

もし各DCから2、3個引き抜いて新DC!!なんて島流しのような事をしたら、その方が問題だし僕は吉田の神経を疑う。

そうじゃなくて、完全にサーバーシャッフルのようなものだから既存のCWLSは全部解散と仮定しても差し支えない。

そこまでするに値するほど、あるいは、やらないといけないような状況で、「長期的視野に立って」と言ってる通り、きっと「次のフィナーレ」まで考えて動こうとしている。


FF14の運営(あるいは吉田直樹という人間)を評価する上で、彼らは何手も先を見て行動が出来る。
それが実を結ぶかどうかなんて結果論でしかなく(プレイヤーとしては結んでもらわないと困るが)
先を見据えて手を打つことが出来るというのは、本当に優秀な証だと僕は思う。
僕が目指したい大人の在り方だったりする。

これは「予測出来る能力」だなんて話じゃなくて、目先の事にとらわれて今だけ良くしようとしても結局批判や反発は来るから、FF14というゲームにおいては今は多少の我慢を強いて、未来に良い結果を生み出す事を目指す方が精神的にも有益なんだろうと思う。

僕はFF14を「変化を受け入れるゲーム」だと思っているので、先のこと見て少しずつ変化をしていく。
例え、今後のパッチで受け入れ難い変化が起こったとしても、次の拡張ではその変化が善い結果を生み出すような…そんな風に先を、先をと目指す事の出来るゲームなんだろう。

ここまで考えた上で、じゃあ僕自身のこれからの行動は?

考えるまでもなく、今僕がいるバハムートサーバー内に重視してやっていくよ。

幸いなことに、最近サーバー内での新しい出会いに恵まれている。

僕が立ち上げたFCで一緒に活動してくれたり、考えてくれる人がいる。

フレンドになってくれて遊んでくれる人がいる。

そして、本当にありがたいことに、相方に恵まれた。

僕はもうこれ以上フラフラ渡り歩くつもりはなく、今後のことを考えても、まずは今いる自分のサーバー内に目を向けようと思う。
バハムートサーバー内でモブハンツアーにコンスタントに混じる方法でも探しておこうと思うw

先を見て行動するって、別に超能力とかじゃなくて、「この先こうなるといいな」って希望を持ったら、出来ることから地道にやっていく。

こういうのはゲームだけの話じゃなくて、人間として生きる上でも、持っておきたい能力だと僕は思っている。
Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying