Character

Character

Ginj Tulkhuur

The Fae-touched

Mandragora (Mana)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 2

「最低限」とは?

Public
気楽にいきましょう!といっても限度はある。
クリアできればいい、といっても限度はある。

そうお悩みなヒトの助けになったりならなかったり……ならねェかもな~。

■プレイヤーのタイプ
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄

【無努力/無発想派閥】

・戦うのがそもそもめんどくさい
・スキルについて考えたくない
・同じ技だけ連打して勝ちたい
・インスタンスバトルが嫌い

論外。通常攻略に入ってくるのを想定されていない。
なぜか切磋琢磨の互助グループにもたまにいる。
頑張りたくないなら制限解除でも使っていればよく、
制限解除をしないヒトと敵対する必要はない。

努力してもできない!というヒトもいるが、
この手のヒトの努力とは「挑戦し続けるのみ」であって
「同じ行動をして同じ失敗を繰り返している」が多い。

・もっと良いカメラワークがあるのではないか?
・もっと良い装備に変えられるのではないか?
・スキルの使う順番を変えればいいのではないか?
・立ち位置を変えたらいいのではないか?
・倒す順番を変えてみたらいいのではないか?

といったことを考えるのがいろんな理由で苦手。
正直あまりいい思い出がないので関わりたくない。
大体人生が上手くいかないので何もしたくないヒト。

【上記以外】

・戦うからにはやれることをする

大なり小なり腕前と知識に差はあるものの意欲的に
戦闘をしようと考えており、必要ならスキルを確認する。
確認するまでの間には個人差がある。
最初から見る派、詰まったら見る派、教えられたら見る派。

1つ1つのスキルのことはまあ分かるが組み合わせは苦手
(スキル回しの組み立ては苦手)というヒトもいる。
俺もどちらかというと回しの組み立ては得意ではない。
零式でもねえんだから、と大枠で捉えているためだ。

・やれることって、どこまでよ?
・それ本当に自分が気にすること?

この辺に気をつけないとたちまち自滅する。
逆に他人に必要以上に仕事をさせようとする例もある。
とりあえず予兆は避けよう。ダメージは軽減しよう。
と、ヒーラーを使うときの俺は思います。

■「最低限、無難に戦えるライン」とは
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
・クリアできる(できれば誰一人死なない)
・クリアのためにできることをやろうとしている
・Lv5刻みくらいで装備を更新している
・1回も使わずに終わるスキルは基本的にない

てのが、総合的に、俺が見てきた範囲の意見かなァ、と思う。

――というと、「1回も倒れてはいけないなんて厳しい」と言うヒトがいたりするが
「できれば」というのは、できれば、だ。可能なら、だ。絶対ではない。
できたほうがいいことは、できなければ悪いことではない。

もうひとつ。クリアのためにできることをやっているならどんなに時間がかかっても、
どんなにミスをしたとしても構わないのか、という不満混じりの反論がたまにある。

が。

パーティの役に立てるように装備を更新して、スキルを調べて練習してきました。
(一度行ったダンジョンなら)敵の動きや仕掛けの復習もしてきました。
そうやってできることをやってるヒトは、基本は時間かからないしミス少ないと思う。

と言うと、頑張ってるのにミスが多いヒトは来るなっていうのか?って脱線したりするが
「腕前に自信がない私でもパーティに参加していいですか?」って素直に聞いてほしい。
「べっ別に自分のことじゃないし!知り合いのことだし!」ていう場合もあるだろうケド、
ヒトに意見を聞いたり、応援してもらったりするのに喧嘩腰になる必要はないンだよな。

■努力と実力が見合わない場合
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
そもそも努力の方向性が間違ってたら実力として身につかないものだと思うし、
自分ではすごく頑張った!と思っても他人からしたら全然だったりするし、
「努力は報われる」とは報われたヒトの結果論であって、絶対ではない。
っていうところから、「どう報われてほしいか?」を考えた方がいいのではと思う。

俺も、どんだけ頑張ってもメレー(近接ジョブ)だけはヘッタクソな自覚があるノデ、
どれだけ頑張っても上手くいかない分野ってのはあるもんだと思っている。
あと、こういう、ヒトに何か伝えるコトってのも得意な方じゃないし。
褒めてもらえるケド、俺としてはもっと短く分かりやすいの書けねえのかって思うし。

話チョット逸れちゃったケド、実力と努力って思うホドには見合わない。
向き不向きってのがある。不向きだから何もかも諦めなきゃいけないワケじゃない。
不向きなコトをうまくやるための方法、ってのを自分なりに探す必要がある。
あるいは、これがしたいなって目標そのものから変えちゃってみる。

とりあえず「○○できなきゃいけない」を「○○できたらいいな」くらいにする。
「○○ができたらどうなるか?」を考えてみたりもする。
カッコいい。とか。戦略の幅が広がる。とか。自信がついて彼女ができるとか。
別に苦しみたくないのになんか苦しんで努力してるヒトは苦しまない努力をしていい。
苦しまなければ努力じゃないみたいなヒトいるけど、俺はそれ勘違いだと思うわ。

Comments (2)

Annin Tofu

Chocobo (Mana)

杏仁豆腐です。

ときどき【無努力/無発想派閥】に類する人とPTを組むと、「そんな方をいかにバックップするか」を考えるようにしています。
ヒラででていれば、ガシガシAoEから引っ張りあげたり、厚めにヒールしたり、タンクであれば立ち位置を変えたり……。おなじみIDでも、なんだかんだ緊迫した場面に一人楽しんでしまったりします。

一方、すばらしく上手な方とPTを組めたりすると大変勉強になります。
攻撃の間合いも、ほかのメンバーを気遣い(忍者で風遁待ちも自然としてくれる)、立ち位置や、ヒールやバリアのタイミングも目からウロコな場面がずいぶんとあります。

わたしも、アクションゲームはどちらかというと苦手なのですが、いろんな工夫をさせてもらっています。
カメラポジションやネームプレート色やターゲットの仕方などコンフィグでいろいろな設定ができることをフレンドからも教わりました。
そして、一番強烈な印象に残っている言葉は……。

「ゲームなんだから、かならずクリアできるようになっているはず!」

でした。

Ginj Tulkhuur

Mandragora (Mana)

>Annin Tofu
コメントどうも。俺のこれは『自分から努力放棄を宣言するヒト』に限定しているヨ。
単にPTを組んだだけ、謂わば無言ではそのヒトがどの派閥かは分からないカラね。
必死になりすぎてて気づいてないダケのヒトは、努力する場所が違うダケだからネ。
もしアナタが、あえて努力放棄しているヒトのことすらバックアップしている、
というのなら、俺としてはあまり推奨しないコトです。だけど、自由だヨ。
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying