Character

Character

Voidbound

Ginj Tulkhuur

Mandragora [Meteor]

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

「特殊な設定」「普通な設定」に思う正直なところ

Public
■はじめに
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
俺だってロールプレイしてえよ(してるにはしてる)
何も気にしないで楽しんでるヒトみたいになりてえよ
(意外と何か気にしてるヒトもいるとは思うけど)

じゃあとりあえず、悶々としてる内容でも正直に書くか!

って感じでやってる。

前回は「誰かいると遊ばない人との兼ね合い」の話をした。
これ別にRPに限ったコトじゃねーけどな?
いわゆるフレのフレ同士はフレンドとは限らないし、
大人しいヒトと暴れるヒトなら、暴れるヒトと遊んでやって、
大人しいヒトには我慢してもらう立ち去ってもらう。
そういうのが自然現象だよなってヤツな。

■追記:
読み直したり読んでもらったりした感じ
「読みづらい」「混乱している」のが明らかになったノデ、
注釈っつーか解説みたいなのをつけておきます。

・普通とかいう曖昧な定義で他人を縛ろうとする
・よく知らないのに全能の先導者のように振る舞う
・言うコトがその時々で違い、数分数日で反転する

っていう変な人も世の中には存在してるンで

・自分こそがロールプレイの専門家で善し悪しが把握できる
・自分は全てわかっているが、他人は何も分かっていない
・この世界は「正しい」「間違っている」しかない

などと主張する感じの人には気を付けてねっつーハナシです。


俺がRPやってた時、RPグループ入ろうって渡ってた時、
やがてRPをやるヒトより、RPに興味があるヒトのほうを見て、
RPって広くて自由で楽しいよって言うようになったのは、
RPグループってのにちっとも関わらなくなったのはこの辺が原因です。

今はほんとこういうヒト、減ったか居ても無視されてると俺は思うケド、
改めて書いておくね……。これも別にRPに限ったコトじゃなくて。
どこにでも何にでもいるとは思うンだけど、全然理解が出来ないから、
うまく言えない。できれば俺はこゆヒトとも楽しんでいきたいケド、
自分の楽しみが絶対正しいって相手が言う限り、それは叶わない……。


■「特殊な設定」「普通な設定」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
結論から言っちゃうと「お前の普通は他人の普通じゃない」
っていうのが認められないならファンタジーなんかやめちまえ。
っつー大暴論に至るンだけど。

まずさ? ヒューラン以外の種族がもう、いるワケじゃん。
ンで、種族によっては特定の地方や国に存在してないのよ。
アウラ族以降のプレイアブル種族なんかエオルゼア外なの。

「エオルゼアで出生してエオルゼアで冒険するヒト」
「普通のヒト」をロールプレイするなら設定しろと。

いやいやいやいやいやいやいやいや、あのね。正直ね。
「エオルゼアで何が普通なのか何も分からない」ワケよ。
「リアルゼアで普通なことはエオルゼアでも普通」とは、
まったく限らないワケよ。何をもって普通なのか?

もう極端なハナシ

「ヒューラン以外で冒険するやつは特殊」

になっちゃうのよ。

「うん、そうだよ。だから最初はまず最新のパッチまで、
 ヒューランで進めて世界観をしっかり把握してから、
 ロールプレイ用のキャラを作ろうね。それなら、
 どんな種族を使っても、種族の設定を守っていれば、
 普通の範囲に収まるようにしていればOKだから」

え? は? えぇ……?


「ロールプレイっていうのはクリア後の楽しみだから。
 全部の設定を把握していないとやっちゃだめだよ」

要約するとそういうコトなんだけど、いやお前、それはさァ。

何……?(理解に困窮しすぎて絶句した挙句に出る言葉)

■「普通」って一番難しいと思う
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
エオルゼアには、リアルゼアでの悪魔的なものがいて。
それはなんか「妖異」って呼ばれてるらしい。

10月には守護天節っつーのがあって、
ヒトじゃないものがヒトに化けてやってくる。
エレゼン、ヒューラン、ララフェル、ルガディン……。
そして、アウラ・ゼラの姿をしているやつがいる。

……「ヒトに化けた妖異がヒトに紛れることがある」
「被害が出てないことには大事にできない」

これは「普通」じゃないのか?
「特殊」なのか?

「普通」は、ヒトに化けた妖異はヒトに紛れてないし。
「普通」は、何はともあれ妖異は退治されるものか?

「普通」は、エオルゼアにアウラ族って全然いない。
エオルゼアで出生するアウラ族って、多分いない。
(俺が冒険始めた時は冒険者としてもアウラ族が少なかった)

? だめだ分からなくなってきた。

「普通」アウラ・ゼラ族は平原で過ごしている。
だからそもそも冒険者になるコトが少ないってならない?
そこのところ、俺は冒険者になるに足る理由を創作したワケだが。

「創作は特殊」か?

それ言ったら、もうキャラ設定してるヒトみんな特殊では?
地図上にどう見たって存在してないモノの話するヒトとか。
○○地方に故郷があるって。そこに何も無いケド。
5年前はありましたって。旧版でも存在しないケド。
みたいなハナシになっちゃうじゃん?

「普通」ガチで故郷がそこにあったら知ってるコト、
特産物とか。馴染みのある生物とか。あると思うケド。
さっぱり知らない。え?なんで?って。ならない?

「普通」ってかなり演じるの難しいって俺は思うンだけど。
「二次創作でその世界の普通をやろうとする」って、
かなり元の世界について考察して知識持ってないと無理よ?


■「普通」になればなるほど「特殊」
 ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄ ̄
知識自慢とかさ。
選民思想とかさ。逆だと思う。

「普通」に生きてロールプレイしようってなったらさ。
「普通」が何かっていうのを死ぬほど知らなきゃいけなくて。
「普通」に聞きたいコト聞いて、話したいコト話すじゃん。

「普通」それは存在しないよなってモノは聞くし。
「普通」知らないけど興味あるなってモノは聞くし。

そこで「突っ込むな」みたいなさ。止まる感じさ。

「普通」知っているハズのことを知らないのが「特殊」

「普通」知っているハズのコトでも、
プレイヤーとしては知らないコトはあるモンだから
突っ込まないのが「普通」

「世界観に入り込みすぎるのは特殊」
「世界観とプレイヤーに都合をつけるのは普通」

最初と言ってるコトが、違うンだよなァ。


「普通の世界観」をものすごく大事にしたいンだなァって。
俺もそうしようってやればやるほど、かみ合わなくなって。
俺がいつまでも「特殊」になるのって本当に不思議だよなァ。

「普通のエオルゼア」「普通の設定」って何だァ……?
「何が普通か分かるくらいには世界を理解している」から、
それを言ってるンじゃなかったのかァ……?

なんか疲れるよなァ。疲れたよなァ。

皆と同じ楽しいトコロを目指してたハズなのに、
ぜぇんぜん周りに誰もいねー。

こだわってなんかいねえ。

「普通」の世界に行こうとしたダケだったのになァ。


Comments (0)
Post a Comment

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying