Character

Character

Rat Kyou

Zeromus [Meteor]

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

冒険再び…

Public
2日目を迎えた。

未だ何も思いだせない。。

しかし、気づいた…ギルド(FFは何て言うの?)内に作られた私の部屋は残っていた。

四年ぶりに訪れた部屋。あの頃の思い出が蘇る

チャド氏の性癖に請われるがまま作った(課金)まるで昭和の場末のラ◯ホテルのような部屋…

まだ残してあるのは、彼の中で2人の関係が終わっていないからなのか…それとも、官能な時間を大切に思い出としているのか。。

でも、もう遅い…四年の月日は、チャドの毛根同様に過去の産物にしか過ぎないのである…

気を取り直し、今日、あたい、何すりゃ良い?…とチャド氏に聞いた。

「なんか適当に。みんな優しいから連れてってくれるよ」

四年ぶり復帰の私は背筋が凍りついた。なんて冷たい.俺が連れてくぜ!の一言がなかったのである。

まるでNTRを強要するような台詞…私は悟った。

四年の歳月は、チャド氏を見た目以上に心を蛮族のようにするには、充分なじかんだったのだと…

気を取り直し、ログインした。そこには、温かい挨拶が待っていた。

そう、タケさんである…「何したら良いかわからないんです、ぐひゅ」の返答に

「何でも付き合いますよ、待ってて下さい」

まるで氷河期から熱帯雨林に変わった一瞬である

ギルドハウスで死んだふりをして待つ事数分…

再び声が掛かり、チームのお誘いが来た。

私の死んだふりは見事にスルーだったが、気にはならなかった。

ルーレットでレベル上げ。彼はタンク…そう、ガンタンクであった。私は右も左もわからないまま突き進む彼の背中を追った。

敵を複数倒した時にそれは起きた。

私の視界は上からしか見れない。更にずっと360度回転している。

私はパニックに陥ったが、気づいたらガンタンクさながらに敵は全滅していた。

「気にしないで大丈夫」彼の優しい言葉に救われながら、私はそっとログアウトしたのであった…

そう、これは明日誕生日を迎えるらっきょ男爵の冒険の序章である。
Comments (0)
Post a Comment

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying