Character

Character

Hamomo Lymomo'dengaku

Gungnir (Elemental)

You have no connection with this character.

Follower Requests

Before this character can be followed, you must first submit a follower request.
Do you wish to proceed?

  • 0

朝活エオルゼア(Elemental)内部向け告知。(21'06'22)

Public
おはようございます。

朝活エオルゼア、[象徴リーダー]はもです。(内部向け記事です)

おかげさまで、仲間が増えてきましたね。
立ち上げ当初、「20人くらい集まってくれたら(嬉しくて)死ねる」くらいの想定でしたので、とても感謝です。
みなさんのお役にたてているなら、嬉しいです。(嬉しいです。)


さて、コミュニティの規模が大きくなってくると、いくつか問題がでてきます。

誰が悪い・悪くない、という問題ではないので、ご自身の立ち位置を忘却の此方に追いやって、お読みください。


まずは、「新旧問題」です。

コミュニティに時間が降り積もれば積もるほど、「古参」と「新参」の間に火種が生まれます。
この問題は、場合によってかなり根深くなりますよね...。
「最古参」vs「古参」vs「中堅」vs「新参」vs「運営」とかとか、時たま地獄図が展開されます。
(幸い、まだ表面化していません、たぶん。水面下にも存在しないでほしいですが、まあ、あるかもしれないわよねという懸念です。人数が少なければ、みんな温和な気がします。)


つぎに、「個人埋没問題」です。

コミュニティが大きくなるほど、個々の存在は小さくなっていきます。
会話に参加しづらく感じる人も増えてしまいます。
極論ですけど、一度の会話に参加できる人数に限りがありますから、10人のコミュニティなら全員でわいのわいのできるものが、70億人のコミュニティだと69億9999万9990人は会話に参加できないわけです。

うーーん、困った!!
困っています。

はも個人としては、「あまねく朝型民の受け皿になりたい」という想いは変わらないので、募集を∞に続けたい気持ちもあります。
でもその結末に、誰も楽しめない空間が出来上がってしまうなら、だれも得しません、かなしいです。

うーーん、困った!!
困っています。(二度目)

現在は、緊急施策として、CF掲載の一般募集を停止しました。
フレンドさん経由や、積極的にアプローチしてきた方については、変わらず、加入していただきたい方針です。(遠慮なく捕まえてきてね)


~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
以上「人数増えたらどうなる論」の解決策を模索中です。
この機会に皆さんから広く、現状のCWLSに関する感想・ご意見を募集させてください。
もちろん、「こうしてみたら?」も募集です。

はもは、うら若き象徴リーダーです。専制君主できる器でもないので、みんなでお話できたら幸いです。

☆以下の方法等でお話しましょ。使いやすい手段で。
・FSにコメント
・はもにtell、モグレター
・運営補助の三人衆にtell
・普通にCWLSの雑談のトピックの一つに(はもor三人衆がいるときだと、拾えるので助かる)
☆☆内容は
・作ってくれてありがとう系(泣いて喜びます)
・こういう事件があったよ系(ケーススタディして、快適な空間づくりの礎にします。基本個々の事件に介入しません。)
・懸念事項や、解決案のご提案(大いに参考にします)
・等々
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

Comments (0)
Post a Comment
ForumsMog StationOfficial Blog

Community Wall

Recent Activity

Filter which items are to be displayed below.
* Notifications for standings updates are shared across all Worlds.
* Notifications for PvP team formations are shared for all languages.
* Notifications for free company formations are shared for all languages.

Sort by
Data Center / Home World
Primary language
Displaying